還暦後にこそ必要な包茎治療@群馬県TOP

還暦後に気付いた包茎治療の必要性

+++---+++

私自身、自分が包茎であることくらい、昔からわかっていました。しかし、特に何が困ると言うことはありませんでしたし、見せても家内くらいのものでしたから、気にしても仕方無いと思って過ごしてきました。しかし、家内に先立たれて少し考え方が変わりました。今更若い奥さんをもらってどうこうするという意味ではありません。自分が身動き取れなくなったとき、誰に介護してもらう事になるか考えるようになったのです。 あれは忘れもしません。脳梗塞で倒れた昔なじみを病院へ見舞いに行ったときのことです。たまたま奥さんも看護婦も近くにいないときに小便がしたいと言い出されたので、わたしが小便を取ってやったのですが、奴の代物は男の私が見ても「おやっ?」と思うほど竿が短く、皮もかぶっていました。おかげで、うまく小便が取れず布団を濡らしてしまうことになりました。このありさまを私は笑うことができず、身につまされる思いで見たのです。


自分が奴と同じ状態になったら、誰が介護してくれるのでしょう。息子の嫁か、娘か、それとも若い介護の女性なのでしょうか。いずれにせよ、みっともない物は見せたくないし、迷惑もかけたくありません。そこで、思い切って包茎を手術して治そうと思い立ったのです。

群馬県の自然

+++---+++

富岡市にある大塩湖は、一年通していろいろな顔を見せてくれる素晴らしい湖です。大塩湖と言ってもピンと来ない人がいるかもしれませんが、群馬サファリパークの隣にある湖のことです。周囲3キロほどの灌漑用に作られた人工湖なのですが、風景は決して人工的ではなく、自然があふれているところです。とてもよいところなので、有名な桜や紅葉のシーズン以外にも行ってみてほしいと思います。


春は花がきれいに咲き乱れます。湖の周りには、桜が1000本、あじさいが2000株、他にツツジなども多数植えられているので、春から初夏にかけてはいろいろな種類の花の見頃が続きます。ソメイヨシノが終わると、色の濃い八重桜、その後はツツジやアジサイといった具合です。夏はヘラブナやワカサギなどのボート釣りが楽しめます。ローボート、サイクルボートの時間貸しもあるので、釣りをしない人もボートに乗ることができます。秋は周りの山々の紅葉を美しく映します。妙義山の紅葉がきれいに見える場所です。冬は渡り鳥がたくさん渡ってきます。花見も釣りもバードウォッチングもできる湖なので、もっと多くの人が訪れてもよいのではないかと思うのですが、季節によってはかなり閑散としています。人が多くなってゴミが増えたりするのは困りますが、サファリパークのついでにでも立ち寄って、この湖の魅力をもっと知ってもらいたいとは思います。

意外と多い還暦後の包茎治療

+++---+++

私の場合、昔から包茎だった上に、加齢による陰茎の埋没もありました。昔なじみの一物をみっともないと思ったくせに、よくよく自分の物を見てみるとさして変わりがなかったのです。いつの間にか短くなっていて、いつの間にか包茎も進んでいました。「誰に見せるでもなし」と見て見ぬふりをしてきた包茎ですが、もうすぐ70という今になって治療に踏み切ることになったのです。


しかし、私のようなじじいが包茎を治したいなどと言ったら笑われるのではないかと思い、地元の病院は避けることにしました。都会へ行けば、私のような物好きが少しくらいはいるだろうと、なるべく多くの人が治療を受けているところを選ぶことにしたのです。 幸い私にはパソコンのたしなみがあったので、パソコンを使ってこっそり調べることができました。東京まで行けばかなりたくさん包茎を専門に扱う病院があり、調べていくと、私のような年の人も数多く治療を受けているということがわかりました。中には80を超えたような人も私と同様の悩みから治療を受けているということがわかり、勇気づけられました。


どこで治療を受けるかとても悩みましたが、やはり失敗の許されない治療なので、数多くの治療をこなしているところがよいだろうと思いました。しかし、病院全体で件数をたくさんこなしているというようなところを選んでしまうと、運悪く経験の浅い医者に当たることもあり、それでは元も子もありません。数多くの治療経験を持つ医者が自ら治療してくれるところを探しました。そこで選んだのが東京駅の近くにある本田ヒルズタワークリニックという名前の病院です。そこの院長の本田昌毅先生は個人では日本一多くの包茎治療を行った経験を持っているとお聞きしました。それに、その院長自らがカウンセリングも治療もしてくれるというので、願ったりかなったりです。混んでいてなかなか予約が取れないといううわさでしたが、いつでも空き時間という年寄りなので、それほど待たずに治療してもらう事ができました。


先生の見立てによると、私の包茎は自分が思っているほど重症ではないということで、切らないでも治せると言われました。包茎の治療とは皮を切って縫う物だという印象が強かったので、切らないで治す方法があることは知っていましたが驚きました。ありがたいことなのですが、そんなことで治るのかと疑う部分もあり、手術台に上がって横になってもなかなか信じられずにいました。しかし、数十分後に見てみると、私の陰茎はすっかり見違える状態になっていました。痛みも何も感じることなく、数十分横になっただけで包茎でなくなったのですから、先生には本当に感謝しています。

本田ヒルズ 東京駅前院について

+++---+++

本田ヒルズ 東京駅前院

総院長:本田昌毅
住所: 〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-10 今井ビル4階A号室
電話: 0120-84-0836
「東京駅八重洲北口」徒歩2分。
カラオケBIGECHO向かい。


還暦後の包茎治療はこちらから